KOHO 株式会社光邦 心でお付き合い、本気でお手伝い。

恒例 無料セミナー開催報告

初の同時開催。共感を生み、行動に結びつく「効果的な社内報リニューアル」セミナー採用力を上げ、企業ブランド力を上げる「採用ツールの作り方」セミナー

さる12月4日、「実務担当の方に役立つこと」をモットーにした当社恒例の無料セミナーを開催しました。
今回のテーマは「社内報」と「採用ツール」。2テーマ同時開催は初の試みでしたが、それぞれに重要な企業テーマであるだけに、たくさんの受講希望をいただきました

効果的な社内報リニューアル

4月からの社内報リニューアルに向けて、どこを改善していけば、さらに効果のある社内報となるのでしょうか?

「広報・社内コミュニケーションの専門家として幅広く活躍する豊田氏を講師にお招きした人気セミナー。7月に続いて、今年2回目の開催でした。
プログラムごとに豊富な実例を交えた講義の後に設けられた質疑応答時間には、受講された方からの質問もたくさん寄せられただけではなく、終了後には個別に講師へ相談する方もおり、関心の高さを伺い知ることができるセミナーとなりました。

プログラム

講師:ナナ総合コミュニケーション研究所主任研究員 /「月間総務」編集長 豊田健一氏

受講された方の声

社内報の活用の仕方、伝えるべき相手について考える良い機会になりました。
他社の事例など実際に取り組んだ例があったので想像がし易く思いました。
(R社 経営支援部 KK様)

今まで制作するにあたって読みやすさやデザインを重視していましたが、制作する目的を明確にすることが大切だと。改めて感じられました。
(N社 総務人財部 MO様)

やはり「なぜ、誰のため」ということをいつも悩んでいましたけど、ターゲットを決めること、コミュニケーションをとることなどを分かりやすく説明していただいたのでよかったです。
(I社 総務課 SK様)

社内報制作に携わっていて、気になった点だけでなく、読者はどう思っているかなど、新しい発見もあった。
(T社 コーポレート本部 MK様)

採用ツールの作り方

採用に成功する企業には法則がありました。採用ツールのつくりかたを変えれば、採用効果も変わります。

初開催となった本テーマ。激変する採用市場に向け「採用ブランディング」という観点で講義が行われました。
「採用活動はターゲットが絞られた企業ブランディングである」と深澤講師は定義され、いい人が採用し続けられる仕組みがケーススタディを交えて詳しく紹介されました。

プログラム

株式会社パラドックス:ブランディング・ディレクター/クリエイティブディレクター/コピーライター_深澤了氏

受講された方の声

現在、就活サイトのキャッチコピーやデザイン、または選考フォローの見直しを行っているためとても勉強になりました。
(M社 直営部 YF様)

自社の採用での課題が見えました。
・選ばれる事の重要さ
・採用担当として自社の強みを意識する
(I社 人事課 HM様)

採用方法やツール、ブランディングについて深く考えた事がなかったので、全てが新しく感じられ、とても参考になりました。
(T社 営業部 HO様)

とても参考になりました。 ターゲットにとって重要なことと自社の強みの接点をつなげること。集まらないかもしれないから、学生の方だけ合わせて作るという弱気な姿勢ではなく、絞り込む勇気が必要だと感じました。
(P社 人事総務部 YS様)

セミナーに関するお問い合わせ:株式会社光邦 営業開発グループ TEL:03-3265-0612(代)

PAGE TOP